年次会議について

日米リーダーシップ・プログラムの中心となるのが年次会議です。日米の若いリーダー達が合流し、喫緊のトピックについて活発に議論を交わし、プログラムならではのユニークな協働の機会を生み出し、生涯に亘る友情の絆を育みます。

プログラムは通常毎年、会議に2年連続してご参加頂くデリゲートの方々を選抜します。会議は毎年夏季の1週間、日本と米国を交互に開催されます。共に1週間を過ごす中で、デリゲートは、日米、そして世界が直面する課題について、毎日、全体会議で話し合い、さらに、様々な体験的な学びの場を持ちます。

デリゲートは、早朝から夕食に掛けての全ての日程への参加が期待されています。USJLP会議に関する詳細は、参加のガイドラインをご参照ください。

 

2021−2022 年会議の参加者

重要なお知らせ:2020年のシアトル会議は、コロナウイルスの影響により、2021年まで開催を延期致しました。2021年シアトル会議は7月3-10日に行うことを決定致しました。2020年6月時点において、2021年度の会議への参加者は決定しており、今年の秋に来年度の参加者の応募を行う予定はありません。2021年のクラスは、来年早春頃に、正式にご案内させていただく予定です。2021年の募集要項やプログラムの運営につきましては、コロナウイルスの状況や、それに付随する多くの要因に左右される可能性がありますことをご承知置きください。今後何かアップデートがありましたら、決定次第このウエブサイトにご案内させて頂きます。

2021年のシアトル会議(日程は2021年7月3-10日)に参加する日米のデリゲートは、1年目の会議参加時時に28歳から42歳までの、それぞれの分野でリーダーシップと実績を持ち、幅広いキャリアの中から十分考慮して選ばれています。デリゲートは、2022年(スケジュールは未定ですが2022年7月後半を予定しています。)に日本で開催する2年目の会議にも継続して参加いただくことが期待されています。真にやむを得ない事情により、2年目を延期する必要があるデリゲートは、将来の日本会議(2024年以降)の参加について、定員枠の空き状況に鑑みて考慮されます。

2021年のシアトル会議に新たに選出されたDelegatesに、日本会議に参加している2年目のDelegatesが合流します。USJLP会議への参加に関する詳細な情報は、参加のガイドラインをご参照ください。

最新の会議の応募応募の受付は2020年12月9日に終了致しました。2020年6月時点において、2022-2023年の会議への応募時期は、2021年秋頃を予定しております。ご参加をご検討いただいてる方は、USJLPのメール通知にご登録頂くことを推奨いたします。ご登録頂きますと、2022-2023の応募開始時や関連情報につきましてご案内をさせて頂きます。

 

過去の会議について

2019年京都・東京会議

2018年シアトル会議

2017年京都・東京会議

2016年シアトル会議

2015年京都・東京会議

2014年シアトル会議

2013年京都・東京会議

2012年シアトル会議