Applicant FAQs

以下日米リーダーシップ・プログラムの候補者からよく頂く質問です。下記以外にもご不明な点がございましたら、email にてお問合せください。

適性

Q: どんな人が日米リーダーシッププログラムに申請できますか?
A: 初年度の会議初日の時点で28歳から42歳までのアメリカ人または日本人が対象となります。米国と日本の在留資格を持つ外国人(例:グリーンカード、​​永住者等)はプログラムの資格要件を満たしておりません。合格された方は参加者として財団にパスポートのコピーをご提出いただく必要があります。

Q: 居住国は影響ありますか?
A:いいえ。日米リーダーシップ・プログラムに申請するために候補者が母国に住んでいる必要はありません。恒久的または一時的に本国以外に住んでいる候補者を定期的に受け入れています。

Q: 日米関係の分野に関わっている必要がありますか? 
A: いいえ。日米リーダーシップ・プログラムは、毎年様々な専門分野、バックグラウンドを持ったグループとなるよう努めており、日米関係を直視し、議論するといったユニークな場面を提供しています。日本または米国に関する専門知識は必須ではありません。

Q: 英語を流暢に話す必要がありますか? 
A: 流暢さは必須ではありませんが、日米リーダーシップ・プログラムの会議は、公式的には英語で行われます。日本人すべての候補者が英語で自分の考えを話したり、表現したり出来ることが望ましいです。また、日米リーダーシップ・プログラムの申請書は全て英語で提出する必要があります。


受諾と延期
Q:次の会議とタイミングが合いません。翌年に申請を延期することは可能でしょうか?
A:いいえ。日米リーダーシップ・プログラムへのお申し込みは、予め全会議開催期間に参加可能と分かっている場合にのみ申請してください。日米リーダーシップ・プログラムでは、初年度の参加者についての延期を許可していません。最初の会議に出席できなくなった新デリゲートは、参加資格を失い、翌年またはそれ以降にプログラムに再申請する必要があります。

Q:次の会議には出席できますが、翌年2年目の会議に参加できるかどうかわかりません。それでも申し込むことは出来ますか?
A:前もって2年先のスケジュールを予測することが困難だということは理解しています。日米リーダーシップ・プログラムへの参加が決まると、参加者は2つの会議の座席が保証されます。たとえば、2021-2022年のデリゲートが2021年シアトル会議へ参加し、何らかの理由で2022年の日本会議への参加を延期する必要があった場合、2024年かそれ以降に行われる日本会議で2回目の参加につき、再検討される対象となり、空きスペースに基づいてその参加権利が付与されます。

Q:今年受理されなかった場合は、翌年に再度申請できますか?
A:はい。毎年、予想を上回る多くの候補者が応募してくださり、過去に応募した候補者を受け入れているケースも多々あります。候補者の申請回数には制限がありません。

Q:参加が決まった後、仕事または個人的な予期せぬスケジュールで参加できなくなった場合にはどうなりますか?
A:日々の生活の中で予期せぬ出来事が起こりうることは理解しています。しかしながら、日米リーダーシップ・プログラムは1年目の参加者が参加を延期をすることはできません。仕事または個人的な折り合いのために今後の会議に参加できなくなってしまった場合には、日米リーダーシップ・プログラムへの参加資格を失い、翌年以降に再度プログラムへの申請をしなくてはなりません。


推薦状

Q:推薦者が直接推薦状を送ることは可能ですか。それとも推薦状は申請書と一緒に提出するべきですか?
A:すべての申請資料は一緒に提出することが望ましいですが、必須ではありません。申請書の一部が他の資料と別に届く場合には、メールにて(applications@usjlp.org)、その旨をお知らせ頂けると有難いです。あなたが所属している分野のリーダーから送られる推薦状は、申請締切日までに受理されなければならないことに注意してください。もし間に合わない場合は、あなたの申請書は、不完全かつ不適格であるとみなされてしまいます。

Q:立候補を支持するために複数の推薦状を提出できますか?
A:はい、できます。しかしながら、申請書が完全なものだとみなされるためには、あなたの推薦状のうち、少なくとも1通はあなたの所属する分野のリーダーからのものでなければならないことに留意してください。オンライン送信フォームでは、PDFファイルとして最大3通の推薦状が添付出来ます。3通以上の推薦状を提出する際にはメールにて、事務局のアドレス:applications@usjlp.orgまでご連絡ください。

Q:正式な署名入りの推薦状が入手できません。代わりに推薦者からのメールを受付てもらえますか。
A:推薦状は、署名付きレターヘッドに(PDFとして)提示することを推奨しております。必要に応じて、推薦者のメールアカウントから直接送信された推薦状(メールアドレス: applications@usjlp.org)を受け入れております。推薦状がメールにて届く場合には、申請提出フォームに推薦者の名前とタイトルを記入してください。メールで送信された推薦状も、同じ期限とルールに従って、申請の期限(最近の応募時期:現地時間の2019年12月9日(月)の午後11時59分)までに受信する必要があります。

Q:推薦状を受け取るのに猶予期間はありますか?
A:いいえ。推薦状を含むすべての申請書は、締切日の申請者の現地時間午後11時59分までに受理する必要があります。リーダーからの署名付き推薦状が期限までに入手できない場合には、次のサイクルで応募することを検討してください。

Q:推薦状は日本語でも受理できますか?
A:提出時に完全な英語の翻訳も提供されていれば、日本語の推薦状は受理されます。オンラインで送信する際には、元の推薦状と英語の翻訳を1つのPDFファイルにまとめてから送信してください。

Q:推薦状は誰宛に送るべきですか?
A:推薦状は、スコットM.ジョンソンフェロー選択委員会宛に送ってください。推薦者が完全な住所も含めたい場合は、アメリカ人候補者はニューヨーク本部の住所、日本人候補者は東京事務所の住所を使用してください。

ヘッドショット写真

Q:ヘッドショットはパスポート写真でなければなりませんか?
A:いいえ、パスポート写真やプロが撮影した写真である必要はありません。

Q:アプリケーションのカバーシートにデジタル写真を埋め込むにはどうすればよいですか?
A:アプリケーションカバーシートの.docバージョンをダウンロードして、写真をドキュメントに挿入し、写真を指定された正方形内に配置してください。 次に、Wordでカバーシートに記入した後、オンライン送信用にPDFで保存してください。
 

申請期限

Q:申込期限はいつですか?
A:2020-2021年の会議の締め切りは、2019年12月9日 月曜日です。2020年4月時点で、2022-2023年会議の募集時期は、2021年の秋頃を予定しています。

Q:締め切り後に到着した場合でも、申請書は受理されますか?
A:審査の対象となるためには、オンラインにて提出された申請書ならば、提出が締切日までに行われたことを示すタイムスタンプ(最新の応募時期は2019年12月9日に終了致しました。)が必要です。候補者は現地時間の午後11時59分まで提出できます(日本での候補者はJSTで午後11時59分、米国の異なる地域を拠点とする候補者はEST / CST / MST / PSTで午後11時59分、同様に午後11時59分 第三国のタイムゾーンで、米国/日本以外にいる候補者の場合)。

Q:締め切り後にプログラムについて知りました。まだ申請書を送ることができますか?
A:期限を過ぎて提出された申請は考慮されません。締め切り後にプログラムについて知り、申し込みに興味がある場合は、日米リーダーシップ・プログラムのメール通知に登録して頂ければ、次の申し込みサイクルの開始について通知させて頂きます。


申請書提出

Q:オンライン申込書にアクセスするにはどうすればよいですか?
A:毎年申請が開始されると、募集要項とこちらにオンライン募集要項のリンクをご案内しております。2022-2023年のオンライン申請フォームは、2021年の秋頃ご案内させて頂きます。

Q:オンライン申請フォームの開始前には何を準備しておけばよいですか?
A:まず、オンライン申込書にアクセスして内容全体を確認し、提出の際に必要となる回答事項と追加で候補者に求められる6つの質問情報につき把握しておいてください。(このフォームは一部の質問につき国籍に合わせて調整されていることに注意してください。質問を表示する際は、申請フォームの冒頭で国籍を選択してください。)次に、以下のセクションについてオンラインフォームにアップロードするPDFを用意してください。1)アプリケーションカバーシート(ダウンロードはこちらからできます)2)履歴書、3)自己紹介書。推薦状は、最大3通までPDFでオンラインフォームに添付できます。推薦状は別で送ることも可能です。(上記の推薦状FAQを参照してください)。推薦状が別々に送られる場合には、各々の推薦者の名前とタイトルをフォーマットに添えて提供する必要があります。

Q:オンライン提出用の申請資料をどのような形式で準備すればよいですか?
A:オンライン申込書は、申込書の各セクションを個々のPDFで受け付けます。1)カバーシート2)履歴書3)推薦状、4)自己紹介書。ファイルを準備する際は、次の要領で、ご自身のフルネームも含み、各ファイルタイトルを入力してください。

「姓、名– 2020年 カバーシート」
「姓、名– 2020年 履歴書」
「姓、名– 2020年 推奨状–推奨者の氏名」
「姓、名– 2020年 願書」

Q:申請が受理された際の確認はいただけますか?
A:はい。送信されるとアプリケーションが当社のシステムに正常にログインできたことを示す自動応答が届き、ご提供頂きましたメールアドレスにオンライン申請フォームで申請が受理された確認メールが届きます。事務局では、2営業日以内に申請が完全に受領されたか、または追加にて必要事項がないかの確認を行います。この期間内に確認メールを受信できない場合は、 applications@usjlp.orgまでご連絡をお願いします。

Q:オンライン送信フォームで問題が発生した場合はどうすればよいですか?
A: applications@usjlp.org までご連絡をお願いします。事務局がサポート致します。


選考プロセス

Q:誰が申請書を審査するのですか?
A:スコット・M・ジョンソン・フェローの諮問委員会が審査します。性別の多様性、政治的、地域的、社会的、教育的背景などを十分に考慮します。最終的な決定は米日財団が行います。

Q:毎年、何名の方が受け入れられていますか?
A:各会議で合計40名の参加者数に対して、1年目と2年目同等の参加者数を目指しています。それ故、毎年アメリカ側と日本側の両方におよそ10名のオープンスポットがあります。 ただこのオープンスポットの数は様々な状況によるので、正確にはアプリケーションの締切日までわかりません。

Q:申請結果を知るまでの期間はどのくらいですか?
A:2020-2021年の申請者への通知書は、2020年2月に発送済みです。


日米リーダーシッププログラムメンバーシップ

Q:日米リーダーシッププログラムのデリゲートには何が必要ですか?
A:参加が決定した候補者は、会議に参加するとデリゲートになります。参加者は、日本で1週間、シアトルで1週間それぞれ2週間の会議に参加する予定です。デリゲートは、全て参加することが要求され、本会議、グループアクティビティ、食事に参加する必要があります。また、一部のデリゲートは、専門知識に関連したプレナリーセッションに参加して頂く場合もございます。デリゲートとして最も重要であり、期待されていることは、グループディスカッションに積極的に参加し、日米リーダーシッププログラムが掲げる友情と学習の機会に熱心に取り組んでいただくことです。

Q:日米リーダーシッププログラムへのコミットメントは、デリゲートとしての2年間が修了した後に終了しますか?
A:いいえ。日米リーダーシッププログラムのメンバーシップは生涯にわたるコミットメントです。日本とシアトルの両方の会議を終えた後、デリゲートはプログラムのフェローになります。デリゲートとフェローは、日米リーダーシッププログラムのイベントに参加したり、様々な会を主催するなどの活動をしています。メーリングリストや個人で繋がっていることをお勧めします。また、重要なニュースや最新情報を事務局に定期的に連絡して頂いたり、連絡先やプロフィールなどの情報は最新にアップデートしておくことが求められます。

Q:日米リーダーシッププログラムのフェローの役割は何ですか?
A:フェローは、非公式のイベントや特別な機会に集まったり、毎年夏の会議の終わりのフェローウィークエンドに特別ゲストとして参加したりすることが期待されます。この週末2日間は、家族を連れて来たり、友人と再会したり、新しいデリゲートととの出会いの場です。フェローは、新しい若いリーダーの発掘を支援し、また将来のプログラムについて経済的安定を維持させるべく貢献することが奨励されています。